雨の日、車内が傘で濡れて困っていませんか?

車と傘0

これからだんだんと雨の日が多くなってきますね・・・

私は高知県に住んでいるので、比較的雨が多い地域なんですね。(年間降水量全国トップ・・・)

 

雨の日に車を運転すると、もちろん外に出る時は傘を差します。

問題は濡れた傘を持って車内に戻ったときです。

 

助手席の足もとに置いても傘も長いので、助手席のシートがびしゃびしゃに・・・

後部座席の足元に寝かせておけばシートは濡れませんが、足元はびしゃびしゃになっています・・・

変な臭いがする元ですよね。

人を載せていたらもうどうしようもできない。みんなびしゃびしゃ。

びしゃびしゃ

 

傘で車内が濡れることをなんとかする方法がないか考えて、自分なりに解決しました!

それが

プッシュ式の折り畳み傘吸水力が高い傘カバー

です。

私が購入したプッシュ式の折り畳み傘がこれです。

そして吸水力が高い傘カバーも買いました。

 

この2つの組み合わせで雨の日の車内の悩みが完全に解消しました!

合計で2,000円で解消しましたから安いものです。ヴェゼルも喜んでます(多分)

 

車から出る時、ボタン一つで傘が開きますからほぼ濡れません。

まずドアを開けて・・・

車と傘1

ではプッシュで開きます!

車と傘2

どーん。このまま濡れずに出られます^^

 

 

さて、車に戻ってきました!

車と傘3

いつもこの時点で車内が傘で濡れることを覚悟していますが、今はもう違います。

意気揚々と乗り込みます。

車と傘4

ここで傘のボタンプッシュ!

車と傘5

閉じるだけですので、最後は手で収納します。

車と傘6

この傘の難点は、最後のこの収納時に結構力がいることです。

写真のようにしっかり持たないとパワー不足で収納できないことがあるので注意してください(笑)

 

最後に吸水力が高い傘カバーへ収納します。

収納後は

車と傘7

このようになりますが、筒の状態(上だけ開いた状態)で濡れた傘を収納するのは難しいので、

車と傘8

写真のように全開にしておき、一旦吸水すると車内で焦らずに収納できます^^

 

普通の長い傘のケースも考えたのですが、どう考えても車内で邪魔になる・・・

この吸水カバーのお陰で劇的に変わりました!

 

車が傘で濡れてしまって困っている人は試してみてくださいね!

車を安く買うには『下取額』が重要!!


新車でも中古車でも値引き額には限界があります。安すぎる中古車は逆に怖いですし・・・
現在お車をお持ちなら、どれくらいの金額で買い取ってもらえるか査定すると、車購入に実質どれくらいのお金が必要か分かります。
ディーラーに下取りに出すよりも高額で買い取ってもらえる場合が多いようなので、無料で査定してもらいましょう!

4 件のコメント

  • とても良いアイデアですね。私も、以前からワンタッチ開閉の折り畳み傘を利用しています。そして、その収納場所にシートの前後スライド用レバーにワイヤーハンガーで作ったホルダーをレバーの奥・シートの下に取り付けています。それでも濡れた傘は、気になっていましたが、超撥水の傘カバーは、いいですね。

    • コメントありがとうございます^^
      ワンタッチの折りたたみ傘、車に最適だと思います!同じ考えの方がいらっしゃってうれしいです☆
      置き場所を自作しているんですね、すごい!
      撥水カバーに入れて収納させたら完璧ですね。勉強になります。

      • 早々の返信ありがとうございます。シート下のワイヤーハンガーで作るホルダーは簡単なのでお試しください。
        話は変わりますが、緊急脱出用のハンマーは、どこに取り付けていますか。私は、運転シート横の床にあるカバー(外周がプラスチックになっている)にホルダーを両面テープで取り付けています。乗り降りにも邪魔にならず、常に有ることが確認できます。お試しください。

        • ハンマー!!
          ・・・全く意識していませんでした。。。確かに備えあれば憂いなしですね!
          早速試してみます。置き場所までアドバイスしていただいてありがとうございます^^

  • vezeler にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です